【転職】人生は20代で決まる / うまくいかないあなたへ

Life design

20代はアイデンティティ・キャピタルの成長が不可欠である。

 

デジタル・アートの世界を学び、コネクションをつくることは、計り知れないほど意味があり、スキルアップにもつながる。

一つの立派なスキルこそ、あなたがもっといいものを得る手段。

一生を通じての道を考えるなんて出来ない。何をするべきかを突き止めるただ一つの方法は、とにかく何か行動すること。20代の一歩は大きい 自分が向いている方角を決めるようなもの。30,40代と先に進むに連れて後戻りできなくなる。だから20代は大切。

20代が自分自身に問わなければならないのは、宝くじに当たらなかったら何をするかということ。自分が望む人生を送るためには何ができるか?そしてどんな仕事なら様々な形を変えても、この先ずっと楽しく働けるのか。「ジャムの実験」として有名な心理学実験があります。24種と6種のジャムを置いたテーブルで、24のが注意を引きましたが買ったのは6種類でした。「貴方達は無限の選択肢があると耳にするかもしれない、でも現実はせいぜい6つから選ぶものなの。」

未来に託すのではなく、未来に期待して今から行動をおこすこと。「べき」は外からの意見を無力化する。べきは、理想に出会うか失敗するか、あるいは完全か不完全かという間違った二者択一を招く。べきの専制によって、人は自分のいちばんの興味を押し殺してしまう恐れがある。

年を取る事で一番素敵な部分は、自分の人生が上手く行ったと知る事でしょう。とくに毎朝の目覚めが楽しいと思えるならば。あなたが20代の1人として人生を大事に行きているなら、本当に輝かしい日々が待っています。

あえて大人という立場に挑み、大人の自信をつけること。計画を立てること、ハッピーエンドから逆算して人生を設計すること。地に足をつけ、自分という人間を確立をすること。積極的に動くためには、その行動が自分の人生にとってどのような恩恵をもたらすのか、しっかりとした動機付けが必要なのです。