【転職】ずっとやりたかったことをやるべき / やめるべき6つのこと

Life design

人生を振り返ってみると、ほとんどの人は、他人の人生や希望、夢や計画に巻き込まれ、自分自身の創造的なエネルギーを浪費してきたことに気づく。

だが、引きこもりのプロセスを通して自分の核を形成すれば、自分自身の限界、夢、本当の目標といったものをはっきりさせることができる。ころころ変わる他人の気分に振り回される事も少なくなり、より柔軟に生きられるようになる。そして、自立することの真の意味を知る。

 


「やめるべき6つのこと」

  1. 「遅すぎる」と自分自身に言うのをやめる。
  2. お金が貯まるまで、自分が本当にしたいことをするのを待つのをやめる
  3. より創造的な人生を求めるたびに、「単なるエゴさ」と自分自身に言い聞かせるのをやめる
  4. 「夢は取るに足らないものだ。それは所詮夢でしかない。お前はもっと良識をもつべきだ」と自分自身に言うのをやめる。
  5. 家族や友人に、頭がおかしくなったと思われるのではないかと恐れるのをやめる。
  6. 「創造は贅沢であり、すでにあるものに感謝すべきだ」と自分自身に言うのをやめる。
→自分の中にアーティストが住んでいることを認め、大切に守ってやることを学べば、痛みを乗り越え、自由に創造の翼を羽ばたかせることができるようになるのだ。